3ラウンドで学ぶサービスマネジメント体験セミナー

  • IT部門の業務改善にあたって、メンバーでゴールイメージを共有したい
  • ITILの基本的な知識はあるが、実際にどのように役立つのかイメージできない
  • システム開発や事業企画の立場から、サービスマネジメントとは何かを理解したい
  • 体験型シミュレーションでITサービスマネジメントのプロセスを設計・運用を体験学習します。

実施要領

コース概要

店舗/オンライン販売を行う小売企業のITサービス管理をシミュレーションします。3ラウンドのシミュレーションを通じて、障害や品質の低下がどうビジネスに影響を与えるかを体験し、ビジネス機会損失をいかに最小にするかを検討・実践する中で、ITサービスマネジメントの各プロセスの重要性を学びます。

対象者

・ITサービス担当者、管理者

学習目標

1. ITサービスライフサイクル管理の重要性を理解する
2. 継続的改善における測定と評価の重要性を理解する
3. コミュニケーション、チームワーク、ナレッジ管理の重要性を理解する
4. ビジネスの観点でITサービスを考える重要性を理解する

前提知識

問わず

コース内容

受講料/定員
受講料:¥80,000/人(税抜)
シスドック会員価格:¥64,000/人(税抜)
定員:16名  ※本講座の開催最少人数は10名以上です。

3ラウンドで学ぶサービスマネジメント体験セミナー

タイムスケジュール

期間:1日間
時間: 9:30〜17:30

時間 1日目
9:00 受付開始
9:30 イントロダクション
第1ラウンド:シミュレーション・運用
・レビュー
12:00 昼食
13:00 第2ラウンド:シミュレーション
・戦略・改善計画立案
・戦略/設計/移行/改善
・運用
・レビュー
15:00 第3ラウンド:シミュレーション
・戦略・改善計画立案
・戦略/設計/移行/改善
・運用
17:00 全体レビュー
17:30 終了
3ラウンドで学ぶサービスマネジメント体験セミナー

受講者の声

  • 普段参加して聞いているだけのセミナーとは違い、体感することで熱くなってセミナーに望めた。
  • どういう形で情報を伝え合うか、それぞれお互いに何ができるかを理解していないと、うまく回らないことがわかった。
    凄く気づきがあった。現場で振り返りたい。
  • 機器構成を把握しているかどうかで、切り分けのスピードが変わることが分かった。構成管理が重要。
  • 要望やトラブル対応の優先順位をつけるのが難しかった。顧客の声を優先しがちだが、ビジネスインパクトの観点でも観る必要がある。
  • SLAを守ることに頭がいってしまい、全てのトラブルを発生した順番に対応してしまい、顧客のビジネスインパクトを抑えるために何を優先して対応すべきか、という視点で行動できなかった。

受講のお申し込み

担当コンサルタント: 上⽥ 順⼦

2001年 株式会社ビーエスピー⼊社。2007年よりビーエスピーソリューションズに移籍し、ITIL Foundation 認定講座の⽴ち上げ後、現在に⾄るまで200回近くの講座において講師として活動するとともに、IT部⾨向けの⼈材育成サービスの企画⽴案を⾏っている。また平⾏して、お客様プロジェクトに参画し、システム運⽤業務設計、サービスマネジメント基盤の設計、移⾏および運⽤改善に携わる。

お問い合わせ

上戻る